ベビー用品は通販で購入して育児に専念しよう

ミルク作りが楽になる

レディ

利用の仕方

赤ちゃんは水を消化したり吸収し始めるのは生後三ヶ月を過ぎたあたりになります。それまでには、水はなるべく与えないようにすることが一般的ですが、赤ちゃんのご飯としてミルクをあげるときなど水は利用されます。赤ちゃんの体内に入るものですので悩んでしまうのが、種類や沸騰させて使うべきかということです。一般的にミルクに使うのは水道水で良いとされています。水道水は沸騰させて塩素やカルキを抜き、殺菌していれば冷ました湯冷ましを飲ませたり、70℃まで下げればミルクを溶かすのにも最適です。普通に赤ちゃんに飲ませたいと言う場合には、純水や軟水がオススメだとされています。これらはほとんどミネラルが含まれていないため、消化機能が未発達な赤ちゃんでも胃腸に負担をかけずに飲むことができます。赤ちゃん用の水であればほとんどの場合ほとんどの場合加熱殺菌済みですので、沸騰させずに飲むことができるのが一般的です。非加熱製品である場合には、沸騰させて飲ませることが安心となります。赤ちゃん用のものも様々な種類があり、それぞれに特徴があるためライフスタイルにあったものを利用することによって毎日のミルク作りなどが楽になります。また、ミネラルウォーターだけではなくウォーターサーバーも利用することができます。ウォーターサーバーも種類や機能は様々なものがあるため、粉ミルクの調合や離乳食作りのことも考えてから購入することがオススメです。